複合機コピー機の新品と中古比較


保守契約の料金とプラン内容の違い

複合機コピー機の新品と中古比較

新品、中古に関わらず複合機(コピー機)を導入するのなら、ぜひ加入したいのが”保守契約”です。保守契約に加入することで保守メンテナンス、トナー交換まで業者に委託できることに。契約者は複合機を使うだけに集中できます。

そこで気になるのが、「保守契約は新品でも中古でも同じ内容なのか?」ということです。新品複合機(コピー機)に保守契約があるのは当然として。では、中古複合機(コピー機)にも同様に保守契約に加入できるのでしょうか?

今回は新品・中古複合機(コピー機)の保守契約比較を、料金やプラン内容の違いについてご紹介します。

1.新品・中古複合機(コピー機)の保守契約の種類と特徴

複合機(コピー機)では、購入と同時に”保守契約”に加入するのが一般的です。ただし、保守契約と言っても、主要なものだけで3種類も。では、新品・中古複合機(コピー機)の保守契約の種類と特徴についてご説明しましょう。

保守契約とは

保守契約とは”複合機(コピー機)が故障したときに点検や修理などメンテナンスを受けられる”というもの。保守契約に加入していないと、複合機(コピー機)が故障したときにはすべて自腹で点検や修理を依頼する必要があります。

複合機(コピー機)は精密機器なので、ちょっとした点検や修理にも驚くほど費用のかかることが。1回の修理で5万,10万というのも珍しくありません。業務に欠かせない複合機を安心して利用するには、保守契約に加入すべきなのです。

保守契約の種類と特徴

複合機(コピー機)の保守契約には、主に3つの種類があります。

カウンター保守

印刷枚数に応じて、保守料金が加算される保守契約です。例えば、カラー20円/枚で契約したとして、月間100枚印刷すると2,000円の支払いに。メンテナンスとトナーを含み、かつ”使った分だけ”と分かりやすい内容なのが魅力的です。

キット保守

メンテナンスとトナーをセットに、保守料金をまとめて支払うタイプの保守契約です。保守期限は”トナー残量がなくなる”、または”業者の定めた最長期間”までというもの。カラー複合機というよりも、モノクロ複合機に選ばれる保守契約です。

スポット保守

メンテナンスやトナーなど、必要なときに必要なだけ利用するタイプの保守契約です。特に「保守料金はいくら!」と決まれておらず、利用したときに発生します。複合機の利用頻度が低い、中古で壊れてもいいなどのときにおすすめです。

2.新品・中古複合機(コピー機)で保守に違いはあるのか?

キット保守やスポット保守など保守契約には種類がありますが、基本的には”カウンター保守”を選んでおけば大丈夫です。では、新品・中古複合機(コピー機)で保守契約に、どのような違いがあるのかについて詳しく見ていきましょう。

中古だと内容が不利になるかも

新品・中古複合機(コピー機)だと、中古の方が内容的に不利になることが。

保守契約は”複合機(コピー機)が故障したときに対応する”ものです。つまり、中古のようにそもそも故障するリスクが高いと、業者側の不利になりやすいことに。少しでもリスクを避けるために、中古は保守内容を薄くされやすいです。

中古だと料金が高くなるかも

新品・中古複合機(コピー機)では、中古ほど料金的に高くなることも。

先述した通り、中古複合機(コピー機)というのはそもそも故障するリスクが高いです。故障しやすいということは、それだけ修理に費用がかかるということ。業者側としても中古の料金設定は高くして、少しでもリスクを回避したい訳です。

中古だと契約自体できないかも

新品・中古複合機(コピー機)だと、中古だけ契約自体できないかもしれません。

というのも、複合機(コピー機)を修理するには専用の部品が必要です。しかし、あまりにも古い機種だと、メーカー側で部品を保管していないことが。部品がなければ修理できないので、保守契約に加入してもほぼ意味がなくなります。

3.まとめ

今回は、新品・中古複合機(コピー機)の”保守契約”について、料金やプラン内容の違いについてまとめてみました。保守契約とは”複合機(コピー機)が故障したときに、業者から無償で点検やメンテナスを受けられる”というもの。

新品・中古複合機(コピー機)での保守契約の違いは以下のように。

  • 中古だと保守内容が不利になりやすい
  • 中古だと料金設定が高くなりやすい
  • 中古だと契約自体ができないことも

新品・中古複合機(コピー機)の保守契約では、明らかに”中古”の内容が不利になっています。しかし、本体価格で比較すると、中古が安いのも明らか。本体価格と保守契約、両方を比較した上で新品・中古を検討するのがいいです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2018 複合機コピー機の新品と中古比較 All Rights Reserved.